セカンドオピニオンをお考えの方へ

当院ではセカンドオピニオンを受け付けております。

セカンドオピニオンとは、病気や治療方針に関して他の獣医師の意見を聞くことです。

・本当に診断が合っているのか聞きたい

・治療法は他にないのか知りたい

・担当獣医師には聞きにくいことがある

など、お気軽にご相談ください。

「セカンドオピニオン=転院」というわけではありません。

経過が長いほどかかりつけの獣医師の方がその子の性格や病状、経過などを把握しているため、基本的にはセカンドオピニオンを参考にかかりつけでの治療を継続していただくことになります。

セカンドオピニオンをご希望の方は下記の事項をご確認の上、通常の外来受付時間内にご来院ください。

セカンドオピニオンの方へのお願い

  • これまでの検査結果や飲んでいるお薬などがある場合はご持参ください。
  • お薬の名前がわからない場合は、処方された病院に問い合わせ、把握していただいた上でご来院ください。

    「白い粒」「咳の薬」などでは何の薬かわからないことが多く、正確なお話しをすることが難しいためです。

  • 経過等をしっかり聞かせていただく必要がありますので、ペットの体調やこれまでの治療などを1番把握している方がご来院ください。
  • 問診や説明などにお時間がかかる場合が多いため、時間には余裕を持ってお越しください。
  • 他院で行った検査を再度当院でも行うことがあります。

 

当院では開院以来、腫瘍科(がん)や循環器科(心臓病)などのセカンドオピニオンをご希望される飼い主様が多くいらっしゃいます。

セカンドオピニオンを受けた上で当院への転院をご希望の場合は、責任を持って診させていただきますのでお申し出ください。

※同時期に複数の病院で治療を受けることは治療方針が定まらず混乱を招くため、ご遠慮ください。