【獣医師解説】犬の子宮の病気 〜子宮蓄膿症〜 の症状・治療・予防法は?

避妊手術を受けていない高齢犬の女の子でかかりやすい病気の中で特に多く、命の危険に晒されるものとして子宮蓄膿症があります。細菌に感染してしまい子宮に膿がどんどん溜まってしう病気で、治療を施さないと命を落としてしまう可能性がとても高いです。

子宮蓄膿症とは?

避妊手術を受けていない高齢犬の子宮は細菌感染を起こしやすい臓器の1つです。そこに大腸菌やブドウ球菌などが感染することにより発症します。子宮蓄膿症には開放性と閉鎖性の2つのパターンが存在します。

開放性子宮蓄膿症…子宮から外陰部までの経路が開通している状態で、子宮に膿がどんどん溜まると外陰部から膿が出てくるので、飼い主様も病気に気付きやすいです。

閉鎖性子宮蓄膿症…子宮から外陰部までの経路が塞がっているため、外陰部から膿があまりでません。開放性と比べて発見が遅れてしまうだけでなく、より子宮破裂を起こしやすいと言われています。

子宮蓄膿症の症状は?

子宮蓄膿症は発情後に起こしやすいと言われています。また、子宮蓄膿症は病態の進行が早いので、以下の症状や気になることがあればすぐに動物病院に相談しましょう。

・陰部から膿が出ている

・発情出血がいつもより長期間続いている

・飲水量が増え、おしっこの量も増えている

・発熱してぐったりしている

・嘔吐や下痢をしている

子宮蓄膿症による敗血症と子宮破裂

子宮蓄膿症が進行して起こる病態として、特に怖いのが敗血症と子宮破裂です。

敗血症とは細菌感染が原因で全身性の炎症が起きることをいい、適切な治療を施さなければ早期に命を落としてしまう恐ろしい状態です(適切な治療を行っても助からないケースが多々あります)。つまり、子宮蓄膿症が原因で発熱やぐったりした状態になっている場合かなり危険な状態だといえます。敗血症は子宮蓄膿症だけでなくあらゆる部位の細菌感染が原因で起こり得る病態です。成犬で最も多い細菌感染である歯周病に関しては「犬の歯周病ってどんな病気?」をご参照ください。

子宮破裂とはその名の通り子宮が破裂してしまった状態です。こうなると子宮の中の細菌が腹腔内に広がってしまい細菌性腹膜炎というこれもまた恐ろしい病態に進行してしまいます。

子宮蓄膿症の検査法は?

問診・身体検査…避妊手術の有無、発情時期、陰部からの排膿などを確認します

レントゲン検査…子宮の大きさを確認するだけでなく、手術のための全身の評価をすることができます。

超音波エコー検査…子宮の大きさや膿の溜まり具合などを正確に判断できます。また、その他の臓器の状態や子宮破裂による細菌性腹膜炎の確認などをこの検査でしっかりと行います。

血液検査…子宮蓄膿症による炎症の程度や、全身への影響を評価します。

上記の通り、子宮蓄膿症は敗血症や細菌性腹膜炎など全身のいたるところに影響を及ぼし、その程度によって重篤度が変わってくるため、子宮の検査だけでなく全身を評価することがとても大切になっていきます。

子宮蓄膿症の治療法は?

多くの場合は外科手術により卵巣・子宮を摘出し、細菌に対して抗生剤の投与を行います。

外科手術では、無事に成功し術後の経過も良好であれば、多くの症例で完治することができます。ただ、子宮蓄膿症の発見が遅れてしまい腎臓などの臓器に影響があったり、全身の状態がとても悪い場合は麻酔・手術によるリスクが格段に高まってしまいます。子宮破裂が起こっていた場合は腹腔内洗浄という処置も同時に行います。

抗生剤の投与もとても重要な治療になります。感染している細菌が抗生剤に耐性を持っていることも多々あるために、細菌培養検査を行い適切な抗生剤を選択しなければいけません。

まれではありますが、様々な原因により外科治療ができない子もいます。その場合は内科治療になりますが、ほぼ全ての症例で再発して命を落としてしまう可能性が高いです。内科治療では抗生剤の投与と、膿を外に排泄させるためのホルモン投与を行います。

子宮蓄膿症の予防法は?

子宮蓄膿症は避妊手術により卵巣と子宮を摘出することで予防することができる病気です。若く元気なうちに手術を受けるのと、高齢で体調を崩してから手術を受けるのでは、麻酔によるリスクが格段に違ってきます。

最後に

子宮蓄膿症は進行が早く、全身に影響を及ぼしながら早期に命を奪ってしまう恐ろしい病気です。もしも、愛犬が避妊手術を受けておらず、どこか気になることがありましたら早めに動物病院に相談しましょう。早期発見と早期手術により、助けることができる可能性がとても高まります。

また、避妊手術で予防することもできますので、何かお悩みのことがあれば動物病院に相談してみましょう。