【獣医師解説】猫の膀胱炎について 原因や予防、治療法は?

猫がかかりやすい病気の一つとして膀胱炎があげられます。

膀胱炎になると排尿時に痛みを感じる猫も多く、放置してしまうと尿路閉塞(尿閉)という命に関わる状態になる可能性もあるので、特に日頃から気をつけてあげたい病気です。

今回はそんな膀胱炎についてまとめてみました。

膀胱炎とは?

膀胱はおしっこを一時的にためておくための臓器です。その膀胱になんらかの原因で炎症が生じた状態を膀胱炎といいます。

膀胱は風船のように膨らんだりしぼんだりすることで、尿を貯めたり排尿することができますが、炎症が生じると尿を貯める過程で刺激が生じ、十分に膨らむことができず頻尿などの症状がでてしまいます。

膀胱炎の原因は?

膀胱炎の原因は主に3つに分けることができます。

細菌性膀胱炎…細菌が外陰部から尿道を伝って膀胱に感染することによって起こります。皮膚に存在する黄色ブドウ球菌や便を介して大腸菌などが感染します。尿路はメスの方がオスより短いので細菌感染が起こりやすいと言われています。

膀胱炎といえば細菌感染というイメージが強いかもしれませんが、実は単純性の細菌性膀胱炎が起こる頻度はそこまで多くないです。むしろ以下の2つの膀胱炎が原因で二次的に細菌感染が起きてしまうことが多いです。

尿路結石による膀胱炎…食生活や生活習慣などが乱れると、尿の性状(pH)や尿に溶け込んだ成分に変化が生じ、尿結石ができてしまいます。膀胱にできた尿結石は膀胱の粘膜を傷つけるため膀胱炎が生じます。

膀胱結石は時に尿路閉塞(尿閉)の原因になります。また、一度結石ができた子は再発しやすいため、早期の治療と再発予防の日常ケアが重要になっていきます。

特発性膀胱炎…さまざまな検査を行っても原因がはっきりわからない膀胱炎です。猫の膀胱炎の約半分がこれにあたると言われています。その原因として、ストレスや膀胱粘膜の生理学的異常などが考えられています。

二次的に細菌感染や結石が生じることも多いです。治療により細菌や結石がなくなっても膀胱炎の症状が続く時は、背景としてこの特発性膀胱炎が隠れていることが多くあります。

膀胱炎の症状は?

膀胱が十分に膨らむことができなくなるため、多くの子で頻尿になります。何度もトイレに行くのに少量しか排尿しなかったり、排尿姿勢をとるもののなかなか排尿しないといった症状があれば、膀胱炎の可能性が非常に高いです。

その他には、血尿、膿尿、尿の匂いがきつくなる、排尿時痛みが生じるので鳴いたり苦痛な表情をするなどです。

膀胱炎の検査は?

まずは尿検査を行い、尿の性状(pH)を調べたり、尿中に細菌や結晶が出ていないかを顕微鏡で確認します。

必要に応じて超音波エコー検査やレントゲン検査などの画像検査、血液検査などを行います。

膀胱炎の治療は?

膀胱炎の治療で重要なのは、「原因の除去」と「膀胱内の清浄化」です。

原因の除去…細菌感染が認められる場合は抗生剤による治療を行います。結石が認められる場合はその結石の種類を調べて、それに応じた治療を施します。食事療法や時には外科手術による摘出などが必要になります。特発性膀胱炎の場合は食事療法や生活環境を改善することで、ストレスを軽減することが治療になります。

膀胱内の清浄化…飲水量を増やし、新鮮な尿をたくさん作ることで膀胱内を洗浄していくイメージです。そのためには、飲水場やトイレの環境を整えることが重要です。

しかし、猫の場合なかなか飲水量を増やすことは容易ではないため、皮下点滴や膀胱洗浄などの処置を行うことが多いです。

膀胱炎の予防は?

膀胱炎はとても再発しやすい病気です。そのため、治療が終了してもいつまた膀胱炎が再発するか心配な飼い主様も多いと思います。

膀胱炎は適切な食生活と生活習慣を心がけることで予防することができます。食事についてはその子その子によって適切な療法食が異なってくるため動物病院と相談の上決めていきましょう。

また、日常的に飲水量を増やすための生活をおくることも大切です。飲水場やトイレを常に清潔に保ち、適度な運動を行うことで飲水を促します。また、肥満傾向にある猫はダイエットが必要です。

まとめ

膀胱炎は放っておくと命に関わる病態へと進行する可能性がある病気です。おしっこに関して何かしらの変化がみられたらすぐに動物病院に相談しましょう。膀胱炎の診断には尿検査が必須ですので、可能であれば病院に新鮮尿を持参するのが良いでしょう。(病院内でおしっこを取る方法もあるので必ず尿を持参しないといけないことはありません)

膀胱炎の発症と生活環境は密接に関わっています。愛猫が膀胱炎にかからないための生活環境の改善で何かお困りのことがございましたら当院までご相談ください。