獣医療の発展により、わんちゃんやねこちゃんの寿命が伸びたことで、腫瘍などと共に「心臓病」を発症する患者が増えてきています。

心臓病では、咳や呼吸が苦しいなどのつらい症状が出ることもありますが、

圧倒的に「無症状」であることが多く、症状が出た時にはかなり進行していることがほとんどです。

そのため、心臓病を早期に発見し、的確な診断・治療を行うことが大切です。

当院では、早期で適切な診断・治療を心がけており、飼い主様にはお薬の飲み方や検査の頻度などのアドバイスも行なっています。

心臓に雑音があると獣医さんから指摘された、治療中だが病状がよくわからない、他に治療法がないのかが知りたいなどの疑問や不安がございましたら、

一度当院にご相談ください。