歯科医療について

人間は当たり前に毎日歯磨きをしますが、同じように動物もデンタルケアの必要があります。しかし、なかなか実施できているご家庭は少ないのではないでしょうか。そのため成犬・成猫の8〜9割が歯周病に罹患していると言われています。
歯周病は軽視されがちですが、放置すると痛みを伴い、楽しい食事の時間が苦痛なものになってしまいます。また、心臓病や腎臓病などの命に関わる病気につながることが報告されています。
歯周病は若いうちにケアや治療をすることで進行を抑えることができ、健康な口内環境を維持できるだけでなく、重大な病気に発展するリスクを減らすこともできます。
当院では歯科の分野にも力を入れており、認定実習などに積極的に参加しています。

口臭やよだれ、歯石などにお困りの方は、一度当院までご相談ください。

スケーリング(歯石除去)、抜歯について

当院では、歯周病や口内炎、口臭などの治療でスケーリング処置を行っております。歯科レントゲン検査や歯周病レーザー予防など、ただ歯石を取るだけではない、ワンランク上の歯科処置を行っています。

当院のスケーリング処置

ただ歯石を取るだけではなく、その後の歯の健康を維持するための様々な先端歯科療法を実施しています。

歯科疾患コラム掲載中!

【獣医師解説】スケーリング(歯石除去)について

【獣医師解説】犬の歯周病ってどんな病気?

【動物看護師執筆】楽しい歯磨き習慣を作ろう♪

【獣医師解説】デンタルケア〜正しい歯みがきガムの選び方〜