ペットの高齢化に伴い、「がん」を発症するわんちゃんやねこちゃんが増えてきています。

そのために今の時代の動物病院では、「がん」に対する幅広い知識が求められるようになりました。

特に、「がんを見つける力」と「がん治療に関する知識」は特に重要です。

悪性腫瘍の場合、症状が出てから診断をつけても手遅れであることが多いため、

重要なのは、予防接種での来院時や健康診断などで、いかに早期にがんを発見してあげられるかです。

また、がんの治療法は決して一つではありません。

完治を目指す治療から、動物の痛みや苦しみを除いて生活の質を少しでも向上させるための治療など、

多くの選択肢を持って、がん患者やご家族の皆様にとって最善の治療法を探していくことが大切です。

当院では、腫瘍科に特に力を入れています。

「がん」で苦しむ動物と、そのご家族の皆様に寄り添った診察を心がけており、

少しでも多くの命を救う手助けができたらと日々精進しています。