スケーリングの流れ

術前口腔内チェック
歯石の沈着具合、歯や歯肉の状態を確認します。
手術前検査
全身麻酔をかけられるかどうかの検査を行います。
身体検査や血液検査、画像検査など、年齢や既往からその子に合わせた検査を行うことで、より安全に全身麻酔を行うことが出来ます。
【手術当日】全身麻酔にて処置開始
その子に合わせて適切な麻酔薬を使うことでより安全に全身麻酔を行います。また、抜歯を行う患者では与える痛みを最小限にするために局所麻酔なども併用します。
歯科レントゲンで歯の1本1本を確認
歯は見えているところだけが全てではありません。根元だけが腐っている歯などを放置してしまわないよう、当院では動物用歯科用レントゲンを導入し確認しています。
超音波スケーラーを用いて歯石除去
超音波スケーラーを用いることで素早く丁寧に歯石を除去することが可能です。歯の内側や歯周ポケット内も取り残しの無いように丁寧に歯石を除去していきます。
抜歯は丁寧に素早く痛みを最小限に
抜歯を行う際は、周辺組織への侵襲を最小限に丁寧に行うことが大切です。当院は歯科医療用ドリルを導入することで、より正確にそして大幅に処置時間が短い抜歯処置を行っています。
複数の薬剤を用いたポリッシング
スケーリング後歯石が再付着しにくくするために、歯の表面をつるつるに磨きます。当院では複数の薬剤を用いたポリッシング処置を行っています。
歯周ポケットにレーザー照射
清潔にした後の歯周ポケットに半導体レーザーを当てていきます。これには歯周病予防効果があり、その後の歯周病再発リスクを抑える効果があります。
歯周ポケットに歯科用抗菌薬の塗布
歯周病の進行が重度の患者では、全ての処置の後で歯周ポケットに歯科用抗菌薬を塗布し、歯周病からの回復を促進させます。
当日に退院です
重度の基礎疾患を持っている患者などを除き、ほとんどの患者様は当日の午後診察で退院となります。
もちろん歯石を取って終わりというわけではなく、その後のホームデンタルケアが重要です。当院ではスケーリング後のデンタルケアの指導にも力を入れています。

口臭や歯石が気になる方は当院までご相談ください。