狂犬病ワクチン

日本では狂犬病予防は法律で義務付けられているため、

生後3ヶ月以上の犬は必ず狂犬病ワクチンを接種し、市に犬の登録を行う必要があります。

1年に1回の接種が必要です。

混合ワクチン

混合ワクチンは法律で義務化されているわけではありませんが、

動物たちがウイルスなどの外敵から身を守り、重篤な病気に罹患してしまわないように、

適切な予防接種を強くお勧めしています。

犬の混合ワクチン

犬の混合ワクチンでは、ジステンパーウイルスやパルボウイルスなど命に関わる病原ウイルスの予防や、

レプトスピラという、これもまた命に関わる細菌感染の予防が可能です。

動物の生活環境などにより接種すべき混合ワクチンの種類がことなりますので、まずは当院にご相談ください。

猫の混合ワクチン

猫パルボウイルス感染症や猫白血病ウイルス感染症など、猫にも命に関わる感染症が多くあります。

ワクチンで予防できる感染症はしっかりと予防してあげましょう。

ワクチン接種で来院されるオーナー様へ

ワクチン接種の際には、まれですがアレルギー反応などにより体調を崩すこともあるため、

できるだけ午前の診察時に来院してください。

また、ワクチン接種後に体調の変化や顔の腫れ(ムーンフェイス)などが見られた際には、すぐに当院までご連絡ください。

フィラリア予防

フィラリアは蚊に刺されることで感染する寄生虫です。

フィラリアは感染すると心臓に寄生したのち、重篤な心臓病の症状や呼吸器の症状を引き起こし、

最悪の場合は命に関わります。

適切な予防を実施することで、フィラリア感染症は100%予防することができる病気です。

犬だけでなく猫もフィラリアに感染しますので、毎年忘れずに予防しましょう。

ノミ・ダニ予防

ノミやダニなどの寄生虫も予防することは可能です。

これらは動物の血を吸うだけではなく、バベシア症などの命に関わる病原体を運んでくることもあるので注意が必要です。

ノミやダニは年中発生するので、通年予防を心がけましょう。